輸入で禁止されている商品とは?


● 輸入で禁止されている商品とは?

こんにちは。竹内です。リサーチしてると、儲かると思って仕入れても税関で禁止品として輸入ができなかったり、輸入個数制限があったりする商品があります。

輸入ビジネスで継続的に稼いでいくためにも、輸入禁止品のことは知っておいた方がいいです。

1   麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚醒剤、あへん吸煙具 など
2   拳銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾、拳銃部品 など
3   爆発物
4   火薬類(黒色火薬、無煙火薬、爆薬、ニトログリセリン、ニトログリコール、ダイナマイト など
5   毒性物質、毒性物質を充てんした砲弾・ロケット弾、化学兵器 など
5-1  一種病原体(アレナウイルス・エボラウイルスなど)、二種病原体(ペスト菌・ボツリヌス菌など)など
6   「貨幣・紙幣・銀行券・印紙・郵便切手・有価証券」の偽造品・変造品・模造品
7   公安・風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物 など
8   児童ポルノ
9   「特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・著作隣接権・回路配置利用権・育成者権」を侵害する物品
10   ブランドコピー商品、模造品、偽ブランド商品など

 間違って仕入れてしまうと損失になりますので、仕入れる前にこれはどうかなと思う商品に関しては、事前に税関に直接聞いたりして調べてみるといいですね。

転送会社によっては、輸入禁止製品の詳細をホームページに記載していますので、チェックしてみるといいですね。

私も過去、子供の心拍計を輸入したことがありますが、個数制限があることを知って廃棄になったことがあります。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク