● 儲かった、赤字になったを考えない

こんにちは。竹内です。今日は相変わらず外は暑いですね。久しぶりに夜は飲みに出てこようと思います。

ビジネスをしてると、儲かることもあれば赤字になることもあります。

儲かれば当然嬉しいし、赤字になれば凹みます。私も同じです。しかし、そもそも赤字が好きな人なんていないはずです。

赤字は、ビジネスにはつきものなわけですし、他の企業が赤字がないかといったら、返品などがあれば赤字になるわけです。壊れていて代金を保証したら損失になるわけです。

どの企業にも赤字というものが存在します。

赤字になって凹む人は、

赤字を一つも出したくない

そう思ってビジネスされていると思いますが、上記の通り赤字はどの企業もあるものなので、赤字を出したからと言って凹む必要はありません。

そのときに、どう学んで次の行動に変えていくかが大切だと思います。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • 稼ぎたかったら考える暇もないくらい働け!
    • あいつにできてオレにできないはずがないと思って仕事せよ!
    • モチベーションを一瞬であげる方法
    • 修正はほんの少しでいい
    • 2時間かかっていた仕事を30分で終わらせる方法
    • 作業タスクが多いときに効率よく仕事をする方法
    おすすめの記事
    欧米輸入ノウハウ
    ● 英語力の無さを痛感しました   こんにちは。竹内です。昨日はじめて海外のメーカーにスカイプで電話をしました。   直接やるのはドキドキで...
    ⊥キャッシュフロー
    ● 稼いでもキャッシュが残っていない理由 こんにちは。竹内です。物販ビジネスで稼いでも、稼いでも手元に現金が残っていない理由は、考えてことあ...
    ⊥リサーチノウハウ
    ● 日本語説明書を入手するには? こんにちは。竹内です。輸入商品を販売して儲ける秘訣があります。 それは、ひと手間加えることです。 たとえば...
    著者日記
    ● 近くにいる人から幸せにしていこう   こんにちは。竹内です。嬉しいことなんですけど、良いことが連続してます。   私の友人や仲間などをは...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます