● 儲かった、赤字になったを考えない

こんにちは。竹内です。今日は相変わらず外は暑いですね。久しぶりに夜は飲みに出てこようと思います。

ビジネスをしてると、儲かることもあれば赤字になることもあります。

儲かれば当然嬉しいし、赤字になれば凹みます。私も同じです。しかし、そもそも赤字が好きな人なんていないはずです。

赤字は、ビジネスにはつきものなわけですし、他の企業が赤字がないかといったら、返品などがあれば赤字になるわけです。壊れていて代金を保証したら損失になるわけです。

どの企業にも赤字というものが存在します。

赤字になって凹む人は、

赤字を一つも出したくない

そう思ってビジネスされていると思いますが、上記の通り赤字はどの企業もあるものなので、赤字を出したからと言って凹む必要はありません。

そのときに、どう学んで次の行動に変えていくかが大切だと思います。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • 稼ぎたかったら考える暇もないくらい働け!
    • あいつにできてオレにできないはずがないと思って仕事せよ!
    • モチベーションを一瞬であげる方法
    • 修正はほんの少しでいい
    • 2時間かかっていた仕事を30分で終わらせる方法
    • 作業タスクが多いときに効率よく仕事をする方法
    おすすめの記事
    目標達成・夢の叶える方法
    ● 環境を大切にする本当の意味   こんにちは。竹内です。ビジネスをしてると「環境」が大切だよ、と言われることがあると思います。   ビジネ...
    目標達成・夢の叶える方法
    ● 後発組が一気に成長する方法   こんにちは。竹内です。後発組が一気に成長する方法を知っていますか?   ネットビジネスをしてると、自分よ...
    ⊥アマゾンFBA
    こんにちは。竹内です。アマゾンへ納品手続きをされているとわかるかもしれませんが、納品先が地方になる商品も出てきました。 経緯として、納品先が...
    著者日記
    ● 水上バスでお台場に行ってきました!   こんにちは。竹内です。今日は天気が良かったので水上バスでお台場まで行ってきました!   風も気持...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます