● 中国人からお金を借りる利率は?

こんにちは。竹内です。久しぶりにランニングをしてきました。20分ちょっと走ったのですが、気持ちが良いですね。

中国人からお金を借りるときの利率について書いてみたいと思います。

ほとんどの方は、中国人からお金を借りるという話し事態がないと思いますので、参考程度に見てみてください。

すこし前になりますが、中国人から1000万円を借してあげてもいいという話しを屋台をしていたときの社長から連絡をもらいました。

詳細を聞いてみると、条件は月間利率3%という条件です。年間360万円の利子を支払う計算になります。

この条件をみてどう思いますか?

国の文化の違いがありますが、社長から話しを聞いた内容だと、中国の方からお金を借りるときは、月間利率でお金を借すのが一般的だそうです。

私は、国民政策金融公庫から1000万円を借りた場合と比較しました。国民政策金融公庫の場合、年間2、3%の利子です。

2%なら年間20万円の利子
3%なら年間30万円の利子

です。

比較すると圧倒的な差ですよね。(笑)

中国の方はかなりいじめに近いくらいの利率だったので、丁重にお断りをしました。お金を貸してくれるところはありますが、しっかりと計算してからお金を借りるようにしましょう。

間違っても「勢い」だけで借りるのはやめた方がいいと思います。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    ⊥融資ノウハウの関連記事
    • 公庫から資金調達をするときのポイント
    • 国庫と銀行どちらからの融資が通りやすいか?
    • 日本政策金融公庫の審査ポイント
    • 中国人からお金を借りる利率は?
    おすすめの記事
    ⊥アマゾンFBA
    ● アマゾンへ納品する商品ラベルの貼り方 こんにちは。竹内です。アマゾンに納品する商品ラベルの貼り方について書いてみます。 ラベルを貼るとき...
    ⊥運動
    ● 家にこもってないで体を動かそう こんにちは。竹内です。私の周りで運動やダイエットがブームになっています。いつも一緒にいる友達の影響で、私...
    ⊥仕入れノウハウ
    ● 国内転売で稼げるカテゴリを公開します! こんにちは。竹内です。輸入ビジネスも稼ぎやすいビジネスですが、国内転売でも十分稼ぐことができます...
    ⊥DHL・フェデックス
    ● アメリカからの送料を安くするには? こんにちは。竹内です。アメリカからの送料を安くするには?をテーマで書いてます。 アメリカからの送料を...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます