● 現地パートナーを見つけるメリット

 

こんにちは。竹内です。物販の仕組みを見なおしています。課題もまだまだありますが、一つ一つ改善をしていきます。

 

課題の一つに「外注化」があります。外注化をしたいと思っている方は多くいらっしゃると思います。

 

外注化がうまくいくと、発送コストが大幅に下がってきます。

 

とある転送会社A社を使って、1商品×5つを荷受をしてもらい、日本に送ってもらう場合、A社:16000円ほどかかります。

 

一方、現地パートナーを使うと、1商品×5つをしても3600円程度です。78%のコストカットになります。

 

個数がある程度出るならば、1商品あたりの手数料比率も下がります。下がった分は利益になるわけですね。

 

もう少し細かい部分もありますが、こうしたノウハウはメルマガや勉強会で学ぶことができます。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    外注ノウハウの関連記事
    • 外注さんにはどのような指示をだして商品ページを作成してもらいますか?
    • 外注するときの募集文は何を書いたらわからないという方へ
    • パートナーの存在が売上を左右する
    • パートナーと良好な関係にするには?
    • 現地パートナーを見つけるメリット
    • 2月から外注化します
    おすすめの記事
    ⊥卸・メーカー交渉ノウハウ
    ● メーカー取引をするには?   こんにちは。竹内です。メーカー取引をするには、メーカーに交渉しなくてはなりません。   個人がメーカーに交...
    欧米輸入ノウハウ
    こんにちは。竹内です。輸入ビジネスは、ことばの違う海外の人と会話をしたり、交渉を行ったりしていきます。相手から英語でメールがきますが、何を言...
    ⊥グルメ
    ● 六厘舎でつけめんを食べました   こんにちは。竹内です。昨日は六厘舎でつけめんを食べました。   東京駅のラーメンストリートで食べたので...
    著者日記
    ● 譲渡したFBページが絶好調です!   こんにちは。竹内です。今年1月くらいからFBページを運営してました。   FBのプロに教えてもらっ...
    ⊥卸・メーカー交渉ノウハウ
    ● 日本に商品を直接送ってもらう方法 こんにちは。竹内です。ebayなどで多く見られますが、セラーがアメリカにしか配送しないというセラーが多...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます