● 現地パートナーを見つけるメリット

 

こんにちは。竹内です。物販の仕組みを見なおしています。課題もまだまだありますが、一つ一つ改善をしていきます。

 

課題の一つに「外注化」があります。外注化をしたいと思っている方は多くいらっしゃると思います。

 

外注化がうまくいくと、発送コストが大幅に下がってきます。

 

とある転送会社A社を使って、1商品×5つを荷受をしてもらい、日本に送ってもらう場合、A社:16000円ほどかかります。

 

一方、現地パートナーを使うと、1商品×5つをしても3600円程度です。78%のコストカットになります。

 

個数がある程度出るならば、1商品あたりの手数料比率も下がります。下がった分は利益になるわけですね。

 

もう少し細かい部分もありますが、こうしたノウハウはメルマガや勉強会で学ぶことができます。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    外注ノウハウの関連記事
    • 外注さんにはどのような指示をだして商品ページを作成してもらいますか?
    • 外注するときの募集文は何を書いたらわからないという方へ
    • パートナーの存在が売上を左右する
    • パートナーと良好な関係にするには?
    • 現地パートナーを見つけるメリット
    • 2月から外注化します
    おすすめの記事
    目標達成・夢の叶える方法
    ● 結果につながる情報収集の仕方とは?   こんにちは。竹内です。結果につながる情報収集の仕方についてです。   輸入ビジネスをスタートした...
    ⊥仕入れノウハウ
    ● 夢の国で仕入れて稼げるのか? こんにちは。竹内です。国内の仕入先は、何もヤフオクだけではありません。ヤフオク以外でも、家電量販店や夢の国...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 自分ひとりだけじゃ乗り越えられない   こんにちは。竹内です。コンサルをはじめてから、もうすぐ1年が経ちます。   私のコンサルは、不定...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます