● お店のコンセプトに「ギャップ」を入れると繁盛する

 

こんにちは。竹内です。今から3年前までは屋台でたい焼きを販売していました。

 

ショッピングモールの一角でしていたのですが、シーズン中は行列が絶えない繁盛店でした。

 

お客さんは、近所の方はもちろん、ショッピングモールの方も買いに来てくれるほどでした。

 

私の場合若いということもあり、女子高生や小さいお子さん、主婦の方に好印象だったと思います。

 

お店のコンセプトを考えるときにですが、「ギャップ」を入れるだけで繁盛するなと思います。

 

屋台=おじさん

 

のイメージが多いと思います。お祭りなどの時期をイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、おじさんか感じの悪いお兄ちゃんがやってることが多いです。

 

そこを逆手にとって、

 

屋台=若い接客のいい人

 

それだけで繁盛店になります。もちろん接客もきちんとしてこそだと思います。

 

お店って若い人を入れたり、若くてイケメンの人やかわいい子を入れるだけで、そうした人を目当てに来店される方も多くいます。

 

こう考えるとまだまだ参入できるジャンルの飲食店ってたくさんあるんじゃないかなーと感じています。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    著者日記の関連記事
    • 時間がいくらあっても足りないです
    • 京鼎樓 恵比寿本店でランチしてきました!
    • 2泊3日で北海道に行ってきました!
    • インフォトップで情報交換してきました!
    • Hibiya Oktoberfest 2015に行ってきました!
    • 門前仲町のはしもとで鱧を食べてきました
    おすすめの記事
    欧米輸入ノウハウ
    ● 信頼を得る2つの要素   こんにちは。竹内です。信頼を得る2つの方法についてです。   ビジネスをするときも、信頼されているといろいろな...
    ⊥リサーチノウハウ
    ● ライバルの在庫数を確認する方法   こんにちは。竹内です。ライバルセラーの在庫がいくつあるか確認する方法があります。   在庫多い=売れ...
    ⊥副業で手堅く稼ぐ方法
    ● 起業してうまくいく人のパターン   こんにちは。竹内です。起業してうまくいく人のパターンについてです。   起業すると   ・時間が自由...
    コンサル生の声
    ● コンサルの様子を公開します! こんにちは。竹内です。今はコンサル募集をしていませんが、国内転売のコンサルのサポートをしています。 サポー...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます