● パートナーと良好な関係にするには?

 

こんにちは。竹内です。外注化をし始めて本当によかったなーと思っています。

 

一番は物流費用のコストダウンをすることができた点ですね。これはかなり大きいです。

 

海外パートナーと良好な関係を築くにはどうしたらいいか?を考えてみます。

 

物量を確認しながら送る

 

海外パートナーを何人も抱えている場合は別として、一人しかいない場合は、個人宅になるわけですね。

 

個人宅に荷物を一時的に置いてもらうことを考えると、MYUS.comのように広い倉庫と違いますので一度に大量の荷物を送ることはできません。

 

はじめから大量の荷物を送ってしまうと嫌がられますので、少量ずつ荷物を送って、物量が多くないかを確認しながら徐々に物量を増やすのがオススメです。

 

また保管期間などパートナーによって違うと思いますので、こちらの要望とパートナーの都合をしっかりと話し合っておくことが大切です。

 

Skypeなどで直接会話をする

 

現地に直接行ってお会いできればいいのですが、むずかしいと思いますし私もお会いしたことはなくSkypeでしか話しをしたことがありません。

 

仕事の話しすることも大切ですが、パートナーとの距離をグっと縮めるためには、自分自身の趣味や出身地などを話すことも有効的ですし、パートナーの仕事内容も聞くのもオススメです。

 

私の例でいいますと、出身地の話をしていたら偶然にも地元が近くて、本当に偶然が重なって一瞬で意気投合してしまいました。

 

こうしたケースは稀だと思いますが、ふとしたことで距離が縮まることもあります。

 

また相手の仕事の役に立つ情報を伝えてあげたり、サプライズで日本の食べ物を送ってあげるというのもいいと思います。

 

お礼や入金はすぐにする

 

当たり前ですが、荷物を発送してくれたり届いたら到着の連絡をしたりとこまめに連絡をしてあげるといいと思います。

 

私の例でいいますと、パートナーの梱包が本当にきれいなので必ずそのことは伝えています。

 

こんな綺麗な梱包はMYUS.comでは絶対ありえないレベルですし比較するのが失礼なレベルです。(笑)

 

また手数料は、発送してもらった段階で都度支払いをしています。

 

ヤフオクなどやっていると感じることなんですが、お金がすぐに入ることでモチベーション維持になりますし、嬉しいと思うわけです。

 

お金の面はトラブルの元になりますし、ここはパートナーと最初に話しをして決めたほうがいいと思います。

 

まとめ

 

最初は海外パートナーに依頼するのが怖かったのを覚えていますが、一度Skypeで話すことでどういう人かなんとなくわかります。

 

こうしたことこそ直感に従ったほうが私はいいと思っています。

 

第一印象で引っかかることがあると、最終的に尾を引くことになりますので、解決するまではしっかり話し会うことがいいと思います。

 

またパートナーへの手数料を計算するときは、若干でも多めに支払いするといいと思います。それをしてもMYUS.comを使うよりも費用を抑えられますしね。

 

お互いに気持ちよくやれることに越したことがないですからね。

 

詳しいノウハウはメルマガでお伝えしていますので登録しておいてくださいね。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    外注ノウハウの関連記事
    • 外注さんにはどのような指示をだして商品ページを作成してもらいますか?
    • 外注するときの募集文は何を書いたらわからないという方へ
    • パートナーの存在が売上を左右する
    • パートナーと良好な関係にするには?
    • 現地パートナーを見つけるメリット
    • 2月から外注化します
    おすすめの記事
    ⊥リサーチノウハウ
    ● リサーチスキルが向上する3つの方法   こんにちは。竹内です。リサーチスキルを向上する3つのスキルについてです。   リサーチスキルを向...
    目標達成・夢の叶える方法
    ● ライバルをつくろう こんにちは。竹内です。身近にライバルがいると、成長するスピードがあがってきます。 ライバルとは、お互いを高めあう存在...
    目標達成・夢の叶える方法
    ● あなたが稼げるかどうかわかるクイズ   こんにちは。竹内です。おもしろい記事を見つけたので共有したいと思います。   記事には、   あ...
    ⊥MY US.comなどの転送会社
    ● 欧米から直送の準備ができそうです   こんにちは。竹内です。仕事環境を少し変えて快適になりました。しばらく仕事に没頭したいと思います。 ...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます