● アマゾンアカウントを複数持つときの注意点

 

こんにちは。竹内です。アマゾンアカウントを複数持つ場合の注意点と複数持つ場合のポイントについてです。

 

アマゾンアカウントは、基本的には「1人1アカウント」しか持つことができませんし、アマゾンの規約でも決まっています。

 

しかし、複数持って運営をされている方もいらっしゃるのも事実です。

 

アマゾンも認めている?1複数持つ方法

 

アマゾンでも確認したことなので問題ありませんが、複数持つ場合は、「事業部ごと」で持つならOKとされています。

 

たとえば、

 

Aアカウント:iPhoneケース専門

Bアカウント:コスプレ専門

 

といった具合です。これなら、同じ商品にA、B出品している商品がかぶっていないので、大丈夫ということです。

 

同じ商品に、同じセラーが販売していると何かあったときに、アカウント停止になることもありますのでされないほうがオススメです。

 

知り合いでも同じ商品に出品していて停止になった方もいるので、辞めたほうがいいと思いまうs。

 

アマゾンが同一か見分けているポイント

 

アマゾンがどういうところで見分けているかですが、よく言われているのが「IPアドレス」だということは言われています。

 

アマゾンのカスタマーサポートに確認をしても、こうした情報を教えてくれないので、あくまで推測ですがおそらくIPアドレスだと思います。

 

仮にIPアドレスで判断しているとなれば、同じパソコンからログインすると情報が残るということになります。

 

ではどうするればいいのか?

 

IPアドレスが変更されるようなサービスを活用するのも1つの手法だと思います。

 

私は使っていませんが、GMOが提供してる仮想デスクトップサービスがあります。

 

有料サービスを使いたくない場合は、しっかり調べてもらいたいですが、

 

Googleウェブストアにあるこんなサービス

 

を活用するのも手ですね。海外のIPアドレスに変更することが数クリックで変更できるので使い勝手がいいと思います。

 

まとめ

 

基本的な規約を守っていたらアカウント停止になることは早々ないと思っています。

 

いろいろなノウハウが出ているので、どれを取り入れるかどうかはあなた次第ですが、長く稼ぐことをおもきにおいているなら、正攻法で運営するのがオススメです。

 

アマゾンアカウントを2つ持つ方法をめちゃくちゃ丁寧に解説してあるので、それでも持ちたい場合は参考にしてくださいね。

 

 

 

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    ⊥アマゾンFBAの関連記事
    • 「本当に本物かどうか」疑われて アカウントが一時停止になってしまいました
    • アマゾンからの「要ご対応」メールには返信をしたほうがいいのか?
    • Amazonは、お客様へ送るメッセージもみています
    • アマゾンから「要ご対応:出品キャンセルのご連絡」がきたら、どうする?
    • Amazonで複数アカウント運用するときのひも付けポイントがわかってきました
    • Amazonの出品権限が一時停止または取消となった場合の改善計画の出し方
    おすすめの記事
    配送業者
    こんにちは。竹内です。海外から荷物が日本に入ってくると通関業務があります。通関許可にならないと日本では販売することはできません。 通関許可を...
    著者日記
    ● スマホ表示がカッコいいです   こんにちは。竹内です。スマホで見るとかなり見やすくてかっこいいなーと思ってます。   画像がスライドする...
    ⊥利益管理
    ● 利益管理シートを作ろう! こんにちは。竹内です。輸入ビジネスは、仕入れで決まるとはよく言ったものです。 売れている商品は、プライスチェッ...
    著者日記
    ● これから法人コンサルが1件です   こんにちは。竹内です。今日はこれから法人コンサルが1件です。   法人様へ直接伺ってアドバイスをして...
    ⊥Amazon・ebay仕入れ
    ● 仕入れ個数を出す公式   こんにちは。竹内です。儲かる商品は見つかるけど、、、いくつ仕入れたらいいかわからない!ってことあると思います。...
    目標達成・夢の叶える方法
    ● 後発組が一気に成長する方法   こんにちは。竹内です。後発組が一気に成長する方法を知っていますか?   ネットビジネスをしてると、自分よ...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます