● 中国のパートナーとのやり取りに便利なツール

 

こんにちは。竹内です。中国から代行会社を使わずに、パートナーを募集して行っている場合があります。

 

そのときに使えるツールがWeChatというLINEのようなツールです。

 

中国では、規制が入ってLINEを使うことができません。チャットワークを使うのもいいと思うのですが、相手が気持ちよく仕事をしてくれるのを優先したほうがいいなと思う次第です。

 

WeChatとは?

中国で使われている最大級のSNSツールです。アクティブユーザー数は4億人を超えているほどです。

 

使い方

LINEと使い方はほとんど一緒です。メッセージ機能、電話、スタンプ(呼び方は違います)もあります。

 

有効なパートナー関係

日本人同士なら「この方法でお願いします」と伝えたらすんなり了承してもらえますが、国が違うと文化や考え方も全く変わってきます。

 

こちらが雇っているという気持ちで接すると、相手に伝わってしまいますし、おそらく仕事がうまくいかなくなり、やめてしまうかもしれません。

 

なるべく相手の意向を確認して、相手のニーズに応えられるならこちらが歩みよるのがうまくいくように思います。

 

パートナーとの関係がビジネスの善し悪しを決める

パートナーが気持ちよく動いてくれて初めてビジネスがうまく回り出すと思っています。これはパートナーに限らずに、社員を雇うときも一緒だと思っています。

 

はじめはこちらが譲歩する形で動くことが多いですが、人と人とがビジネスをしているので、譲歩できる部分はしたほうがいいと思いますし、そうすることでビジネスがうまくいくなら、後者を取ったほうがいいと思います。

 

ビジネスがうまくいくことが目的なので、パートナーが自然と大事になるのは理解できると思います。

 

お金の部分は一番もめる点なので、この部分を依頼する前には最初に決めて置いて書面できっちりとやり取りをしてから、依頼するといいと思います。

 

まとめ

新規カタログ商品が売れ始めました。いい商品、顧客が求めている商品、あったら喜ぶだろうな、そういう商品を新規カタログで作ると、自然と売れていくと思います。

 

ガッツリ腰を据えて取り組んでいこうと思います。

 

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • イケる!と思う感覚を持つには?
    • 物販ビジネスの基礎のおさらい
    • 成長に必要なスキル、テクニック、ノウハウを知る方法
    • 商品数を増やすことは購入者へのリーチ数を増やすこと
    • デザイン性の高いオリジナルロゴをたったの3500円でつくる方法
    • 中国輸入で圧倒的に稼ぐ3つの必要なこととは?
    おすすめの記事
    コンサル生の声
    こんにちは。竹内です。メールセミナーの内容を修正しているのですが、5日目まで修正しました。残り6日目と7日目になります。仕上がりましたら報告...
    ⊥仕入れノウハウ
    ● 国内転売で一番安い仕入れ先は? こんにちは。竹内です。私は国内転売からスタートして、輸入やセミナー講師、コンサルとステップアップしてきま...
    欧米輸入ノウハウ
    こんにちは。竹内です。午前中仕事→ジムという流れが最近のルーティンです。(笑)運動するとかなり調子もいいですし、仕事が進みますね。 無在庫販...
    メルマガ
    ● 勉強会を開催したいと思います   こんにちは。竹内です。まだいろいろな手続きが残っていますが、時間が空いたのでこの記事を書いてます。  ...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます