輸入ビジネスの利益計算方法


スポンサーリンク
スポンサーリンク

● 輸入ビジネスの利益計算方法

こんにちは。竹内です。この記事書いたらジムのサウナに行ってサッパリしてきます。

物販ビジネスの利益計算は、少しむずかしかったりします。単純に、売上ー仕入れだけではありません。

おそらくほとんどは、売上ー利益で利益何百万円という表現をされていますが、まーーーったく違います。

物販の利益計算方法

物販ビジネスの利益計算方法は、在庫もしっかりと計算しておかなくてはなりません。今月は6月ですが、5月末に仕入れた商品は、ほとんど月をまたいで在庫として残っていると思います。

5月末の在庫金額をしっかりと計算して、

・5月末の棚卸し在庫

・6月の期首棚卸在庫

を計算します。たとえば、5月末の在庫が200万円なら、6月1日の期首在庫は200万円になります。

計算方法は、

売上ー(期首棚卸在庫+仕入れー期末在庫)

になります。

ここで出てきた数字を売上総利益と表現します。専門用語ですね。

ここからさらに、

・光熱費

・家賃

・携帯代金

・交通費

・給与

などなどを指しいいていきます。これを「営業利益」と表現します。

そこからさらにさらに、税金や消費税などを引いていきます。最後に残ったのが純利益となります。

たまに、売上総利益を純利益と表現されている人もいますが、まーーったく違います。

会計を学んでいくと、どこの数字のことを言っているのかはすぐにわかるようになります。

ビジネスをする以上はプロなので、しっかり帳簿つけるようにするといいと思います。

私はこちらのサービスも活用させて頂いています。サポートもしっかりしていて安価なのでオススメです。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク