● 価格競争に一緒に参加してませんか?

 

こんにちは。竹内です。退院してから2日経ちました。くしゃみするだけで手術の傷口に響くのでもう少し安静しようと思います。

 

こういうときこそ、自宅で仕事ができるって幸せだなーと思います。

 

儲かる商品を見つけて仕入れると、ライバルが多くなって利益が取れなくなるケースがあります。手持ちの資金との兼ね合いもありますが、無理に価格競争に参加しないほうが懸命です。

 

価格競争に巻き込まれない工夫

 

価格競争に巻き込まれないようにするには仕入れを工夫する必要があります。

 

特に仕入れからFBAに納品されるまでの時間を極力短くすること、ここに尽きると思います。

 

というのも、仕入れからFBAに納品されるまでの時間(リードタイム)が長ければ長いほど、仕入れた商品にライバルが参入する可能性が高くなります。

 

仕入れて販売するまでは仕入れた商品は、利益を生むどころか何も意味をなしません。

 

お金をタンス預金してるのと同じで、増えることもありません。むしろ、仕入れたので減っているわけです。

 

価格競争に巻き込まれた場合の2つの対処方法

 

価格競争に巻き込まれた場合どうするか?

 

1:価格競争に参入しない

 

手持ち資金に余裕がある場合、もしくは他の売れ筋商品を持っている場合などは、ライバルの在庫がなくなるまで価格競争に参入しないのが懸命です。

 

2:とりあえず売ってしまう

 

とは言っても、ライバルが増えすぎてしまった場合や支払いが近づいている場合などは、どうしても仕方のない場合もあります。こうした場合は、赤字覚悟の上で商品を売り切ってしまったほうがいいです。

 

現金化をして、他のいい商品の仕入れ資金に回すという考え方です。

 

商品が売れずに在庫として残していても、売れなかったらお金を寝かせているのと同じなので、回転させて循環させましょう。

 

マイルールを作ってそのルールどおりに在庫がはけなかったら、売り切るというルールで運営するのがオススメです。

 

まとめ

 

生き急いで売ってしまえ!

 

こうなるのはどうしても仕方のないことです。だけど焦って売ってしまっても何も得することはありません。

 

価格競争になったとしてもさほど痛手を追わないようにする方法をメールセミナーの後半で語っています。その方法とはなにか?考えてみてくださいね。

 

 

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • 「本当に本物かどうか」疑われて アカウントが一時停止になってしまいました
    • 税関から輸入実績の多い理由を問われたらどうするのか?
    • アマゾンからの「要ご対応」メールには返信をしたほうがいいのか?
    • リチウムイオンバッテリーが入っている商品が返送されました
    • Amazonは、お客様へ送るメッセージもみています
    • 売れている商品をちょーカンタンに見つける方法
    おすすめの記事
    3ヶ月プレミアムコンサル
    ● コンサル募集について質問いただきました こんにちは。竹内です。コンサルの募集についてご質問を頂きましたので回答しますね。 初めまして、い...
    ⊥グルメ
    ● ラーメン食べるのにはまってます   こんにちは。竹内です。最近ラーメン屋さんばかり行ってます。   浅草の方にあるラーメン屋を毎日一件ず...
    ⊥ブログランキング
    ● ブログランキングが急上昇中!!    こんにちは。竹内です。ブログランキングに参加していますが、ランキングが急上昇しています!!   頑...
    ⊥税務関係
    ● 税理士をつけて良かったこと   こんにちは。竹内です。珍しいラーメン屋さんを見つけました。製麺所が営業していて、通常の値段にプラス150...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます