こんにちは。竹内です。昨日は長崎に個別コンサルで行ってきました。直接お会いするのは楽しいですね。

中国商品のOEMもいい感じで売れています。

メルマガでも伝えていますがOEM商品は

  • 育てる時期
  • 回収時期

があり、今は育てる時期です。育てる時期とはいえ、粗利率40%です。

回収時期には50%以上を目標に商品を育てていこうと考えています。

 

OME商品を作るには?

ほとんどの代行会社で作ることができます。それも安価でできてしまいますので、いろいろな代行会社を試してみるといいと思います。

 

回収を早く行う

育てる期間を待てずにOEMをやめてしまう方も多くいます。回収期間を早くするためにも、粗利率の高い商品をそもそも狙うのがオススメです。逆に粗利が高くない商品は、育てる期間でのロスを回収するまでの時間がかかってしまうため、資金に余裕のない人はむずかしい傾向になると思います。

 

新規ページを作って1日数個売れるようにするには?

肝心なところだし知りたい部分だと思います。企業秘密なのでお伝えできませんが、新規ページを作ってから、ガンガン売る方法もあります。商品を作ってFBAに納品したところで、売れなきゃなにも始まらないので、ガンガン売って商品ページを育てることが必要になります。

感のいい方はわかりますが、「投資&回収」を理解する必要がありますね。

 

まとめ

中国輸入もノウハウいろいろとありますが、本質的なものはいつも一緒ですね。

中国だろうが、欧米だろうが、国内だろうが、”物販”のノウハウはいつも1つです!

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • イケる!と思う感覚を持つには?
    • デザイン性の高いオリジナルロゴをたったの3500円でつくる方法
    • OEMは国内仕入れでもできる?!
    • マーケティングいらずで売れるOEM商品を見つける2つの方法
    • Amazonカテゴリーランキングを上げる5つの方法
    • OEMを作って売る効率的に売る方法
    おすすめの記事
    ⊥法律関係
    ● 輸入ビジネスに関する法律 こんにちは。竹内です。輸入商品の中には、法律の規制がある商品があります。   輸入ビジネスには、様々な法律が関...
    ⊥使える!無料ウェブサービス
    ● グーグルのウェブサービスを使い倒せ! こんにちは。竹内です。グーグルには、たくさんの無料サービスがあります。そして、どれも使い勝手がいい...
    著者日記
    ● 近くにいる人から幸せにしていこう   こんにちは。竹内です。嬉しいことなんですけど、良いことが連続してます。   私の友人や仲間などをは...
    ダウンロード
    ⊥DHL・フェデックス
    ● アメリカではDHLはマイナー企業   こんにちは。竹内です。今日は輸入ビジネス勉強会があります。   参加者の方とお会いできるのが楽しみ...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 飲食店での接客のノウハウ こんにちは。竹内です。飲食店をしていたころの話しです。人気店になれば、なるほどお客さんがお店の前に待って頂けま...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます