ダウンロード


こんにちは。竹内です。欧米輸入では、仕入先をおさえることが稼ぐうえでのポイントになってきます。つまり、メーカーや卸業者を見つける作業になります。

コンサル生でもノウハウをしっかりこなして新規メーカー2社と契約することができました。

メーカーにメールを送るのを躊躇している人ですが、あなたがメーカーになったとしてメーカーの気持ちになったことありますか?今日はそんなテーマの記事です。

 

狙うメーカーとは?

我々が狙うメーカーは、ソニーやナイキといった大手メーカーではなく、ニッチなメーカーになります。日本では知らないメーカーだけど、プライスチェックで調べたらめちゃくちゃ売れている、そんな商品を扱っているメーカーに交渉メールを送っていきます。

 

ニッチなメーカーが考えていること

日本のコンビニにも商品を卸していたメーカーの社長から聞いた話しです。展示会に出店することがあるんですが、展示会に出店すると、「御社の商品の代理店をさせてもらえませんか?」という話しが来るそうです。

社長は、「大丈夫ですよ」という形で即契約になるそうです。

なぜか?

代理店をしたいという国に、少額でも商品の発注があれば、売上が増えるためです。元々ない国からの発注、売上ですからメーカー側からしたら嬉しいわけですね。だって、その売上なかったんですもん。

これと同様に、私たち日本人セラーが海外のニッチメーカーに交渉メールを送ることは、日本からない売上であればあるほど、相手にとっては嬉しいわけですね。

発注頻度が多ければ多いほど、相手は有効的な関係を築いてくれるだろうし、無碍に扱わないと思うんですね。

こうしたことの繰り返しで独占販売権の話しになるかもしれませんしね。

 

まとめ

今回の話しは、いうなれば「いい勘違い」なわけです。相手はきっと売り先を探しているに違いない、と。どうせダメ元で送るなら、いい勘違いをしながら楽しく交渉メールを送る方が、成果が出やすいですね。

交渉メールのテンプレはこちらからダウンロードくださいね。

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • ミスから優良な直接購入セラーへと変わった事例
    • メーカーの気持ちを考えたことありますか?
    • メーカー取引きしている人の勘違い
    • メーカー取引をするには?
    • 実業の知識を入れて仕入れを安くするアイデア
    • 見つからないメーカーサイトを見つける方法
    おすすめの記事
    著者日記
    ● 香港のお土産をもらいました!   こんにちは。竹内です。香港にいった友達からお土産をもらいました。   お土産もらえるとうれしいですね。...
    クレジットカード
    こんにちは。竹内です。先日コンサル生に紹介したクレジットカードですが、審査通過して300万円の枠が取れたと報告をいただきました。 今●●の方...
    ⊥リサーチ方法
    ● 交渉したら半額以下になりました   こんにちは。竹内です。中国商品のリサーチをはじめました。   めぼしい商品を見つけたので交渉したんで...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 利益の内訳は人それぞれ   こんにちは。竹内です。先月に引き続き、今月1月も絶好調です。   中国輸入も取り入れ始めてますが、まだまだ調...
    ⊥リサーチ方法
    ● 中国商品のリサーチキーワード こんにちは。竹内です。中国商品を扱ってるセラーは、実はコツを掴むとすぐに見つけることができます。 独自商品...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます