こんにちは。竹内です。運営を開始してもうすぐ1年になります。早いものですね。今後もより良い記事を更新していこうと思います。

さて、今日のテーマです。日本のフェデックスは、基本的には現地アメリカ国内の荷物のことを問い合わせをしても「アメリカのフェデックスに問い合わせをしてください」と言われ、教えてくれません。

たとえ自分の荷物だとしてもです。

しかし、とあることを伝えると

・誰から荷物が配送されているか
・出荷先はどこか

を教えてもらえます。

そのとあることを9日配信のメルマガでお伝えしますので登録しておいてくださいね。

荷物が行方不明になった場合や到着した荷物が仕入れたものと合っているか照合するときに役立ちますよ。

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • 日本のフェデックスに問い合わせて、アメリカの荷物の行方を確認してもらうには?
    • DHLから割引きの案内が届きました!
    • 輸送スピードを早くするには?
    • ダウンロード
      アメリカではDHLはマイナー企業
    • 変わらずその勢い励みになります。
    • フェデックスの送料が値上げされます
    おすすめの記事
    ⊥卸・メーカー交渉ノウハウ
    ● 卸仕入れをして日本代理店を紹介されたら? こんにちは。竹内です。卸仕入れ交渉をしてると、すでに代理店が日本にあり、紹介されるケースがあり...
    目標達成・夢の叶える方法
    こんにちは。竹内です。多方面にいろいろと事業展開をして、毎日忙しい日々を送っています。私の体質的には、忙しいくらいがちょうどいいと、忙しくな...
    質問・回答
    ● 頂く質問が多くなりました!   こんにちは。竹内です。記事を書き始めて5カ月になりました。投稿数も400記事を超えてます。   このホー...
    目標達成・夢の叶える方法
    ● 高校入試で苦手な歴史をほぼ満点取った事例 こんにちは。竹内です。15年くらい前の高校入試のときの話しです。私が、不思議な体験をして今でも...
    ⊥オリジナル商品・OEM
    こんにちは。竹内です。半年が終わったので振り返りをしつつ、1日こもって自宅で作業しています。残りの半年、新しいことやっていきます! OEMを...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 中国商品を同じ商品か見極めるポイント こんにちは。竹内です。中国商品をリサーチしてると、同じ商品かわからないときがあります。 その時は、...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます