こんにちは。竹内です。運営を開始してもうすぐ1年になります。早いものですね。今後もより良い記事を更新していこうと思います。

さて、今日のテーマです。日本のフェデックスは、基本的には現地アメリカ国内の荷物のことを問い合わせをしても「アメリカのフェデックスに問い合わせをしてください」と言われ、教えてくれません。

たとえ自分の荷物だとしてもです。

しかし、とあることを伝えると

・誰から荷物が配送されているか
・出荷先はどこか

を教えてもらえます。

そのとあることを9日配信のメルマガでお伝えしますので登録しておいてくださいね。

荷物が行方不明になった場合や到着した荷物が仕入れたものと合っているか照合するときに役立ちますよ。

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • 日本のフェデックスに問い合わせて、アメリカの荷物の行方を確認してもらうには?
    • DHLから割引きの案内が届きました!
    • 輸送スピードを早くするには?
    • ダウンロード
      アメリカではDHLはマイナー企業
    • 変わらずその勢い励みになります。
    • フェデックスの送料が値上げされます
    おすすめの記事
    ⊥卸・メーカー交渉ノウハウ
    ● 卸交渉するための大切な考え方   こんにちは。竹内です。海外メーカーや卸業者から安く仕入れるためのノウハウは、ある程度調べたら、情報が出...
    ⊥DHL・フェデックス
    ● フェデックスのアカウント取得方法 こんにちは。竹内です。DHLのアカウント取得に比べて、フェデックスのアカウント取得は、めちゃくちゃカン...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 累計500アクセス突破する勢いです こんにちは。竹内です。ホームページにアクセス解析を入れています。アクセス解析は、一番厳しい設定にして...
    ⊥リサーチノウハウ
    ● ツールの使い方間違ってませんか? こんにちは。竹内です。アマゾンの儲かる商品をリサーチしてくれるツールがたくさん出ていますね。 どれも似...
    目標達成・夢の叶える方法
    こんにちは。竹内です。昨日はコンサルで長崎にいってきました。3ヶ月のコンサル期間でしたが、ほぼゼロから月商80万円近くまで売上を伸ばすことが...
    ⊥リサーチノウハウ
    ● リサーチスキルが向上する3つの方法   こんにちは。竹内です。リサーチスキルを向上する3つのスキルについてです。   リサーチスキルを向...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます