こんにちは。竹内です。運営を開始してもうすぐ1年になります。早いものですね。今後もより良い記事を更新していこうと思います。

さて、今日のテーマです。日本のフェデックスは、基本的には現地アメリカ国内の荷物のことを問い合わせをしても「アメリカのフェデックスに問い合わせをしてください」と言われ、教えてくれません。

たとえ自分の荷物だとしてもです。

しかし、とあることを伝えると

・誰から荷物が配送されているか
・出荷先はどこか

を教えてもらえます。

そのとあることを9日配信のメルマガでお伝えしますので登録しておいてくださいね。

荷物が行方不明になった場合や到着した荷物が仕入れたものと合っているか照合するときに役立ちますよ。

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • 日本のフェデックスに問い合わせて、アメリカの荷物の行方を確認してもらうには?
    • DHLから割引きの案内が届きました!
    • 輸送スピードを早くするには?
    • ダウンロード
      アメリカではDHLはマイナー企業
    • 変わらずその勢い励みになります。
    • フェデックスの送料が値上げされます
    おすすめの記事
    ダウンロード
    ⊥DHL・フェデックス
    ● アメリカではDHLはマイナー企業   こんにちは。竹内です。今日は輸入ビジネス勉強会があります。   参加者の方とお会いできるのが楽しみ...
    ⊥卸・メーカー交渉ノウハウ
    ● 卸仕入れをするかの判断基準 こんにちは。竹内です。今月は、ハロウィンなどのコスプレグッズが売れますよねー。欧米よりも、中国輸入の方のほう...
    ⊥卸・メーカー交渉ノウハウ
    ● 日本に商品を直接送ってもらう方法 こんにちは。竹内です。ebayなどで多く見られますが、セラーがアメリカにしか配送しないというセラーが多...
    ⊥融資ノウハウ
    ● 中国人からお金を借りる利率は? こんにちは。竹内です。久しぶりにランニングをしてきました。20分ちょっと走ったのですが、気持ちが良いです...
    目標達成・夢の叶える方法
    こんにちは。竹内です。コンビニにお昼を買いにいくんですが、コンビニによって品揃えがこうまで違うと、セブンってすごくいいコンビニだなと関心して...
    ⊥リサーチノウハウ
    ● 日本語説明書を入手するには? こんにちは。竹内です。輸入商品を販売して儲ける秘訣があります。 それは、ひと手間加えることです。 たとえば...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます