こんにちは。竹内です。

「売れるOEM商品を作りたい!だけど、どうやって商品選定をしたらいいかわからない!」

そう思っている方が多いと思います。売れる商品を効率的に見つける方法と一緒にOEMのメリットを一緒に紹介したいと思います。

 

OEMのメリット

OEMのメリットは

  • 利益率が高い
  • ライバルが入らないので独占販売できる
  • 投資効率が高い

円安に進んで利益が圧迫されているので、利益率が高いというのは嬉しい限りだと思います。余談ですが、ネットで手軽にできていますが、実業でやるには利益率が低すぎます。

金型を作ってメーカーとしてやる場合は、原価率10%以下が一般的ですし、それ以上だと商売がむずかしいです。

 

売れるOEMを見つける2つの方法

いよいよ、売れるOEMを見るける方法についてです。まず、こちらの商品と価格を見てください。

IMG_1267

税別250円です。どこかで見たことのある商品ですよね?

これはクロックスと似ている商品です。

売っているお店は、ダイソーです。

もう1つは写真撮ってないんですが、こちらを見てみてください。

写真にはモコモコが付いていますが、店舗にいくとダイソーで売っている商品と似ている商品が販売されています。価格は1000円程度だったと思います。

OEMの参考にするなら、私は上記2店舗がオススメです。非常に参考になります。さらに、大手企業が大量の資金を投入してマーケティングを行っているため、すでに売れるのがわかっている状態です。

そのため、それほどマーケティングにチカラを入れなくても、売れる商品がなにかを知ることができます。とは言っても、実際に仕入れて売る場合は、テスト仕入れをして売れ行きを見る必要はあります。

むしろ、それくらいやりましょう。(笑)

 

売れるOEM商品とは?

上記の商品をみると、本家クロックスは3000円ー4000円の価格に対して、ダイソーは250円(税別)、ドン・キホーテは1000円程度と、本家クロックスの10分の1以下、3分の1以下の価格になっています。

大手企業が大量に生産して作っているから原価率なんてめちゃくちゃ安くて数百円程度だったと思います。まして、ダイソーはそれよりもはるかに安く売っているので、原価率なんて数十円かもしれません。

こうした事実をもとにOEMを考えると、大手企業も売れる商品、すでに市場で売れている商品のコンセプトを真似して、徹底的に価格を安くして売っています。

利益がどのくらいあるかは調べていませんが、かなり儲かっていると思います。

中国輸入ビジネスは、上記に近いことを個人単位で行うことができます。刻印を入れたり、オリジナルブランドを作るのもカンタンで、業者に依頼したらすぐに数百円の手数料でやってくれます。

OEMをやり始めるとわかりますが、投資効率が本当にいいので1本収益の柱ができたらぜひチャレンジしてほしいと思います。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • イケる!と思う感覚を持つには?
    • デザイン性の高いオリジナルロゴをたったの3500円でつくる方法
    • OEMは国内仕入れでもできる?!
    • マーケティングいらずで売れるOEM商品を見つける2つの方法
    • Amazonカテゴリーランキングを上げる5つの方法
    • OEMを作って売る効率的に売る方法
    おすすめの記事
    ⊥国内配送業者
    ● 国内送料を安くする方法   こんにちは。竹内です。個人で輸入をされている場合、佐川急便やヤマト運輸といった配送大手とは契約することができ...
    ⊥融資ノウハウ
    ● 中国人からお金を借りる利率は? こんにちは。竹内です。久しぶりにランニングをしてきました。20分ちょっと走ったのですが、気持ちが良いです...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます