こんにちは。竹内です。大学時代の友達と渋谷で8年ぶりに飲んできました。8年も経つと人の人生っていろいろあるなと思いました。どんな状況になっても、どうにかなるようになっているなーと話していて思います。

新規カタログ=中国輸入

という図式になりつつありますが、欧米輸入でも新規カタログを作って販売することは可能です。

ある程度実績を上げてからの話しになりますが、どういうときに新規カタログを作ればいいのか、そして新規カタログを作って稼ぐことはできるのかということを書いていきますので参考になればと思います。

 

新規カタログの作り方

 

アマゾンでは新規カタログをつくることができます。新規カタログとは、販売用の商品ページのことで、JANコードさえ取得しているなら、作ることができます。

 

新規カタログを作るメリット・デメリット

 

新規カタログを作るメリットは、先行者利益を得ることができる点です。アマゾンの出品カタログの考え方は、同じカタログ商品であれば出品することができます。しかし言い返せば、同じルートや全く同じ商品でなければ、出品することができません。

正規ルートで仕入れた商品を新規カタログを作って販売できるけれど、そこにAmazon.comの小売から仕入れた商品を出品することができません。厳密にいうと出品することはできますが、購入者から違う報告を受けると出品することはできず、規約違反になりその商品に対して出品停止になります。

参考までに下記のようなメールが送られてきます。

com

仕入れルートを確認できる書類を送る必要があり、その書類をもとにカタログと同じ商品かどうかをアマゾンで確認をされる流れになります。同じと確認されるまで商品を出品することはできませんので、機械損失になってしまいます。

カタログに書かれていることを良く読んで出品するといいと思います。ちなみに、パッケージ表記が違うことやバージョンがある商品なども該当になります。たとえば、バージョン1のカタログにバージョン2の商品をコンディション欄に書いていたとしても、出品の規約違反になります。

 

どういう商品を新規カタログを作ればいいのか?

 

悩むところだと思いますし、新規カタログを作っても売れなかったらどうしようと考える人が多いと思います。

欧米商品に限らず中国商品も同様の考え方でOKです。

また新規カタログを作るときに、視点を少し付け加えるだけで、爆発的に売れる商品になる可能性がありカテゴリ1位を取ることにもつながってきます。企業秘密なのでブログでは書きませんが、考え方はシンプルです。

 

まとめ

 

盲点をついたノウハウですが、2015年の中では一番インパクトのあったノウハウです。上級者向けの記事でしたが、少し考えてみてくださいね。

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    ⊥アマゾンFBAの関連記事
    • 「本当に本物かどうか」疑われて アカウントが一時停止になってしまいました
    • アマゾンからの「要ご対応」メールには返信をしたほうがいいのか?
    • Amazonは、お客様へ送るメッセージもみています
    • アマゾンから「要ご対応:出品キャンセルのご連絡」がきたら、どうする?
    • Amazonで複数アカウント運用するときのひも付けポイントがわかってきました
    • Amazonの出品権限が一時停止または取消となった場合の改善計画の出し方
    おすすめの記事
    目標達成・夢の叶える方法
    ● 習慣化するカンタンなコツ こんにちは。竹内です。 やる気がないから行動できないモチベーション下がって行動できない 昨日、井上裕之先生のセ...
    クレジットカード
    こんにちは。竹内です。コンサル生から報告をいただきました。私ではありません。(笑) コンサル生限定で担当営業を紹介させてもらって、クレジット...
    3ヶ月プレミアムコンサル
    こんにちは。竹内です。コンサルで長野に行ってきました!   ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら! 人...
    ⊥オリジナル商品・OEM
    こんにちは。竹内です。半年が終わったので振り返りをしつつ、1日こもって自宅で作業しています。残りの半年、新しいことやっていきます! OEMを...
    外注ノウハウ
    目次1 ● パートナーの存在が売上を左右する1.1 いいパートナーの条件とは?2 まとめ ● パートナーの存在が売上を左右する   こんにち...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます