こんにちは。竹内です。中国輸入ではおなじみの商標権ですね。オリジナル商品を展開するなら、取得しておくといいと思います。

 

商標権とは?

ダウンロード

 

商標権は、商品やサービスを知らせるためのものです。たとえば、ヤマト宅急便の「宅急便」という文字やチョコボールの「キョロちゃん」というものも商標登録がされています。つまり、文字やデザインをみたときに、「あの会社だよね〜」とわかるものという認識でOKです。

 

商標登録ができるもの

 

商標登録ができるものは、5つあります。

  1. 文字商標:ソニーやカローラといった文字
  2. 図解商標:図形やイラスト
  3. 記号商標:徳川家ゆかりの「三つ葉葵の紋」などが代表例
  4. 立体商標:チョコボールのキョロちゃんなど
  5. 組み合わせ商標:上記を組み合わせたもの

 

商標権が持つ効力とは?

鳥貴族の鳥二郎商標に対する異議申立は認められず_栗原潔__-_個人_-_Yahoo_ニュース

商品には、それぞれロゴやブランド名があります。それをわかりやすく消費者に伝えるためのものが商標権になります。テレビや雑誌で特集された商品をお店で買うときに間違って買わないようにするためのものでもあります。

商標権が侵害されているというので、テレビで話題になることも多々あります。

直近だと、鳥貴族と鳥次郎が有名でしょうか。結果としては、鳥貴族の主張は却下されることで収束していますよね。

 

中国輸入には必要なのか?!

 

オリジナルブランドを展開できるのが中国輸入の魅力の1つですが、展開する以上は取得しておいた方がいいと思います。商品が売れてくるとライバルに入られてしまいますし、真似されることだってあるからです。

結果を出したい場合は、すでにあるビジネスモデルを真似するのが早い道のりだと思います。しかし結果が出たあとは、”守り”もしっかりとしていかないとならないと思っています。真似できそうで、真似できないサービスにすることが独占的に販売する手法だと思います。

自分のビジネスの強みは何か?を考えると同時に、考えぬいた強みを徹底して資金や労力を集中させることが結果を2倍、3倍にも大きくする秘訣です。物販ではありませんが、私の起業家仲間にSNSでビジネスを運営するのが得意な会社があります。やっていることは至ってシンプルですが、「技術力」という会社の強みがあるので、ほとんどの会社は同じ技術力を用意しない限りは真似することができません。SNSに関しては、友人の会社が業界No1だと思います。

 

商標権の取得方法について

 

商標権の取得方法については、提出書類事態はもの凄くシンプルでカンタンです。しかし「区分」を調べたり、他社がすでに取得をしていないか調べる作業がかなり時間と労力が必要になります。

わからなければ専門の弁理士をGoogleで探して依頼をするといいと思います。

自分ですべてを行うときの費用は経済産業省の費用欄をみるとわかると思います。

電話や特許庁に行くと書き方を丁寧に教えてもらえるので自分でやってみるのも経験値アップにはいいと思います。

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • イケる!と思う感覚を持つには?
    • 物販ビジネスの基礎のおさらい
    • 成長に必要なスキル、テクニック、ノウハウを知る方法
    • 商品数を増やすことは購入者へのリーチ数を増やすこと
    • デザイン性の高いオリジナルロゴをたったの3500円でつくる方法
    • 中国輸入で圧倒的に稼ぐ3つの必要なこととは?
    おすすめの記事
    中国輸入ノウハウ
    こんにちは。竹内です。中国輸入ではおなじみの商標権ですね。オリジナル商品を展開するなら、取得しておくといいと思います。   目次1 商標権と...
    目標達成・夢の叶える方法
    こんにちは。竹内です。私はコツコツ改善していくことが好きで、友人からコツコツやるのスゴイね、と言われます。褒め言葉だと思いますが、自分の持ち...
    ⊥中国輸入代行業者
    ● 中国輸入代行業者の選び方 こんにちは。竹内です。中国輸入、人気がありますね。その魅力は、資金が少なくて、利益をあげられるところだと思いま...
    コンサル生の声
    こんにちは。竹内です。メーカー4社目取れました。と、コンサル生から報告をいただきました! 嬉しいですね^^ メーカー契約は、数勝負ですのでコ...
    ⊥Amazon・ebay仕入れ
    ● 4ヶ月で808個売れています!   こんにちは。竹内です。前回の記事で4ヶ月で300個入れていましたと投稿しました。   前回の記事はこ...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます