こんにちは。竹内です。久しぶりの投稿です。作業や打ち合わせが入りまくって更新が後回しになってしまいました。

24日に投稿した記事がもの凄く反応がいいですね。まだ見ていない方は見て下さいね。

では本題です。

 

中国輸入で圧倒的に稼ぐには?!

中国輸入で圧倒的に稼ぐには、どうしたらいいか考えてみました。これは、24日に会食をした中国輸入者と話して考えてみたことも含まれます。

圧倒的というのは、抽象的すぎますので年商5億円以上を目指すならということにしておきたいと思います。個人輸入から一気に規模が大きくなりましたが、今の自分自身に置き換えて考えてみてください。方向性を見出すことに繋がると思います。

 

安い仕入先を探すこと

これに尽きます。アマゾンで商品を探していると、「これどう見ても利益出てないよなー」という商品があると思います。だけど、継続的に販売してるならば、利益を出すポイントが必ず存在しています。

会食した会社の社長ともいろいろと話しをしましたが、売値800円の商品が1日に400個売れているんです。しかも継続的に、です。アマゾンや他のプラットフォームの上位をその企業が独占している状態です。売っている商品も教えてもらっているのでわかるのですが、タオバオやアリババなどから仕入れたとしても到底ムリな価格で販売をしています。わたしたちが努力をしたとしても、売値=仕入れ値もしくは売値より数十円低いくらいでしょう。

どうするかというと、欧米輸入でも中国輸入でも「物販」なら戦略はすべて同じです。なにをするかというと、中国の工場と直接契約をする必要があるということです。

ロット数が多くなりますが、資金を確保して耐えられる状態を作っておけば、なんとかなると思います。

欧米でもメーカーを探すことに注力することを推奨していますが、中国輸入なら工場ということです。先ほどの会社も工場直接です。

 

自社発送を積極的に取り入れよう

商品が安い場合、アマゾンなどに入れてしまうと手数料で利益がでないことが多くあります。手数料さえ安くなればなーという場合には、積極的に自社発送を取り入れて、FBA+自社発送を組み合わせる方が最終的に利益が残ります。

 

物流を見なおそう

物販で利益を出す方法は、いろいろとありそうに思えて実は3つしかありません。

  1. 商品価格をさげること
  2. 物流費用をさげること
  3. 販売手数料をさげること

今回は2番目の物流費用ですね。物流費用とは、たとえば中国から日本にもってくるときの送料になります。エアーで持ってくるのか、船便にするのかなどで物流費用がかわりますよね。

また個人輸入の場合、代行会社を使いますが当然ここも費用が発生しますので代行会社を省き、工場から直接出荷してもらう方が物流費用が安くなりますし、物量が多くなれば1キロあたりの送料単価も安くなり、運送会社にも交渉することが可能になります。聞いた話しでは、運送会社の契約料金で、上記会社が世界で1番送料が安いとのことでした。

 

さいごに

規模を大きくするために資金は絶対に外せない部分になってきます。紹介した会社は、特殊な仕入れ方法をしており、ちょっとやそっとでは真似することができません。必然的にライバルがいなくなり、独占的に売る状態というのは本当にビジネスやってて楽しいだろうなと思います。

聞いてばかりで申し訳ないので、わたしが実践しているOEMの商品やノウハウなど話しをさせていただきました。アドバイスも頂いたので、実践してOEMでガッツリ稼ごうと思います。

 

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • イケる!と思う感覚を持つには?
    • 物販ビジネスの基礎のおさらい
    • 成長に必要なスキル、テクニック、ノウハウを知る方法
    • 商品数を増やすことは購入者へのリーチ数を増やすこと
    • デザイン性の高いオリジナルロゴをたったの3500円でつくる方法
    • 中国輸入で圧倒的に稼ぐ3つの必要なこととは?
    おすすめの記事
    ⊥DHL・フェデックス
    ● DHLから割引きの案内が届きました!   こんにちは。竹内です。DHLから30キロまでの荷物を30%オフする割引きの案内が届きました! ...
    ⊥会社員を辞めるまでのストーリー
    ● 会社員時代に同僚に内緒で行っていたこと   こんにちは。竹内です。会社員時代、同僚には決していうことができなかったことがあります。   ...
    著者日記
    ● スキー場に行ってきました!   明けましておめでとうございます。竹内です。昨日はスキー場に行ってきました。   天気が不安定でしたがスキ...
    メルマガ
    ● 勉強会残り1名となりました!   こんにちは。竹内です。一昨日から募集をしてる輸入ビジネスの勉強会ですが、残り1名となりました。   少...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます