こんにちは。竹内です。アカウントが停止になると、「Amazon.co.jpからの重要なお知らせ」というタイトルのメールが届きます。今回停止になったときは、上記タイトルの文章が送られてきました。

アカウント復活方法を調べると、復活をするためのコンサルをしてる人もいるほどです。ニーズありそうだなーと思いますが、お金払っても出品再開になる可能性が高いわけではないので、改善計画にもとづいて文章を書いたほうがいいと思います。

 

復活しやすくするための改善計画の作成方法は?

 

停止の理由にもよりますが、どの内容であったとしても、改善計画の構成は以下のとおりとなります。

  1. 今回発生させた規約違反の内容:
  2. 今回発生させた規約違反の原因:
  3. 同じ違反を起こさないための具体的な改善策:
  4. 改善策を実施した場合の効果:
  5. 改善策の実施期日:○年○月○日までに実施
  6. 改善策の効果が見込まれる時期:○年○月
  7. 改善策実施責任者氏名:

参照:出品権限の一時停止または取消への対応

上記の構成に従って文章を書いたほうが復活の可能性は高くなります。アマゾンがヘルプで出しているくらいですので、このとおりにやってくださいね、ということだと思います。

 

「チャンスは1回」だと思って文章を書く

 

最初に提出した文章が判断基準になりますので、手を抜かずにしっかりと書き込んだ方がいいです。ヘルプを見ると書き方を丁寧に書いてあるので参考にするといいですし、余計なことは書かないようにするのがポイントになります。

上記項目の中でも一番重要だと思うポイントは、

3:同じ違反を起こさないための具体的な改善策:

になります。具体的な改善策をしっかりと書いて同じことを繰り返さないことが重要ですので、ここを1行2行で終わらせることなく、内容のある文章にするといいでしょう。

違反内容などは、送られてきたメールに書いてあるのでそちらを書くといいでしょう。その内容を改善するための改善策ですので、内容が乏しいものは復活する可能性は低いと思います。

改善計画をしっかり書いたところで復活するとは限らないですが、そもそも公表してるので最低限テンプレート通りに書くのが筋だと思います。

メールが来ても、すぐには返信せずに数時間〜1日しっかり考えてから返信するといいと思います。即日改善できる内容とそうでない内容があると思いますので、慎重におこなうといいと思います。

 

改善計画を提出したあとは?

 

改善計画を提出したら、その日のうちに返信が返ってきます。そこから何回かやり取りを行って復活するのだと思いますが、私は復活できず閉鎖になってしまったので、次の展開がわかりません。

アマゾンの中でもいきなり閉鎖になることはなくて

  • 警告
  • 一時停止
  • 閉鎖

という順番になります。警告は出品商品に対してだったりパフォーマンス低下によってだと思いますので改善をすれば大丈夫だと思います。ここ最近は厳しくなってきている印象が強いですので、運営は慎重にしたほうがいいですね。

 

まとめ

 

アカウント閉鎖になると在庫を返送するんですが、一気に返送されないので時間がかかりますね。1ヶ月程度じっくりかけて返送されると思います。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    ⊥アマゾンFBAの関連記事
    • 「本当に本物かどうか」疑われて アカウントが一時停止になってしまいました
    • アマゾンからの「要ご対応」メールには返信をしたほうがいいのか?
    • Amazonは、お客様へ送るメッセージもみています
    • アマゾンから「要ご対応:出品キャンセルのご連絡」がきたら、どうする?
    • Amazonで複数アカウント運用するときのひも付けポイントがわかってきました
    • Amazonの出品権限が一時停止または取消となった場合の改善計画の出し方
    おすすめの記事
    ⊥税務関係
    ● 税理士の方の選び方 こんにちは。竹内です。売上や利益が増えてきたら、税理士をつけてきちんと会計をされた方がいいです。 自分で出した数字や...
    ⊥法律関係
    ● 輸入ビジネスに関する法律 こんにちは。竹内です。輸入商品の中には、法律の規制がある商品があります。   輸入ビジネスには、様々な法律が関...
    3ヶ月プレミアムコンサル
    ● 個別コンサルの募集が終了しました こんにちは。竹内です。欧米輸入の個別コンサルの募集が終了しました。   お申込みいただいた方へは、全力...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます