こんにちは。竹内です。毎日やるタスクが多くなって最近仕事漬けの毎日です。このままノンストップで突っ走りたいと思います!

Amazon実践者が軒並みアカウント一時停止や閉鎖になっている話しを聞きます。代行会社で他のセラーも同様に一時停止になっているそうで、アマゾンの規約が厳しくなっているように思います。

裏を返せば、規約にそって運営さえしていれば止まることなく売上を上げ続けることができます。

さて、本日のタイトル「要ご対応:出品キャンセルのご連絡」がきたらどうする?に入ります。

 

どういうときに「要ご対応:出品キャンセルのご連絡」メールが届くのか?

 

言うまでもなく、規約に違反しているときにアカウントスペシャリストからメールが届きます。多くは購入者からアマゾンへ連絡がいき、調査という流れが多いと思います。

中には、ライバルを消そうと思ってセラーがやっているケースもあります。ライバルを消す努力よりも、ライバルが入らない工夫をしたほうが圧倒的にオススメです。

メールが届くといつもドキドキしてしまいますが、テストを重ねるうちにどういうことをすればいいのかがわかってきました。情報をいろいろと集めると、いろいろな角度で考えることができますので、解決も早いというわけです。

 

出品再開になる対処方法

 

メールがくると同時に、

本商品の出品再開をご希望の場合は、このメールに返信する形で以下の資料をご提示ください。

・商品の真贋に関するご連絡の場合

  1. 6ヶ月以内に発行された商品の注文書、領収書または請求書の写し. (該当期間の販売数との整合性が取れているもの)
  2. 代理店、仕入先の連絡先情報(名称、電話番号、住所、Web URLなど
  3. その他追加情報

ご提出いただく書類に関しては、曖昧な部分がないもの(価格に関する情報は非表示でも可)をご用意 いただき、pdf, jpg, png, gif 形式のいずれかでお送りください。

・その他のご連絡の場合

  1. ご連絡の原因となった問題の説明
  2. 問題を解決しかつ今後同じような問題を発生させないために取った手順の説明
  3. その他追加情報

上記の情報の提出を求められます。再開するには、上記の項目を満たした購入したときの注文書や請求書を送る必要があります。メールを返信したうえで判断され、出品再開の可否がきまります。

 

経験してみて思うこと

 

何回かこうした経験をしてみると、「あれ?!」と思う点があることに気づきます。もしかして、、、というやつです。そのもしかしてを含めて返信すると出品再開の確率が高くなるのではないかという仮定が経っていますし、実際にやってみて問題はありませんでした。

何かというのは、その他大勢の方がみている記事やメルマガでは到底話すことができませんが、一部の人は気づいていることかもしれません。

対処できるということは、地雷を踏まずに避けることができるということで、アマゾンで出来ることは増えてきます。

アカウントが閉鎖になってしまったことは前回の記事でも書きましたが、IPアドレスを見ているというのも本当ではありますが、情報が正しくはありません。アマゾンの営業担当がついているセラーから直接聞いたことなので真意はわかりませんが、ほぼ間違いないと思われます。

必要な情報をいかに取得することができるかどうかというのが、めちゃくちゃ大事だと思いますし、そうした仲間がいることやビジネス抜きで人としてお付き合いできるかどうかが私自身が一番大事にしていることです。

損得勘定や駆け引きで付き合ってると、この情報は出せる出せないがいろいろとありますので、そうしたことを抜きにして付き合うことができる仲間やビジネス・パートナーは最高だとおもいます。その点は、もの凄く恵まれているなって思います!

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    ⊥アマゾンFBAの関連記事
    • 「本当に本物かどうか」疑われて アカウントが一時停止になってしまいました
    • アマゾンからの「要ご対応」メールには返信をしたほうがいいのか?
    • Amazonは、お客様へ送るメッセージもみています
    • アマゾンから「要ご対応:出品キャンセルのご連絡」がきたら、どうする?
    • Amazonで複数アカウント運用するときのひも付けポイントがわかってきました
    • Amazonの出品権限が一時停止または取消となった場合の改善計画の出し方
    おすすめの記事
    コンサル生の声
    こんにちは。竹内です。メールセミナーの内容を修正しているのですが、5日目まで修正しました。残り6日目と7日目になります。仕上がりましたら報告...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 通関を早くするコツ   こんにちは。竹内です。 海外から日本へ荷物が送られると、通関作業があり許可になると自宅へ配送されます。   通関...
    著者日記
    ● 浅草寺にお参りに行ってきました!   こんにちは。竹内です。浅草寺に仲間4人でお参りに行ってきました!   かなり混んでいたんですが、お...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 接客は買いやすさが大切 こんにちは。竹内です。屋台のときの話しです。2年ほどまでまでは、屋台でたい焼きを販売をしてました。 今回は、接客...
    副業・起業
    ● 起業するか模索してるところです こんにちは。竹内です。昨日、ワールドビジネスサテライトをみていて気づいたことがありました。 テレビでは、...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます