● 欧米輸入での私の失敗談 こんにちは。竹内です。欧米輸入での私の失敗談について書いてみたいと思います。ブログに良いことばかり書いてもつまらないので、失敗談も書いてみたいと思います。 私は、結構な数の失敗経験がありますし、損失金額もかなり大きいです。(笑) とある商品をebayで仕入れをして日本で販売しようと思い、仕入れてから転送会社のMYUSに送りました。 仕入れた商品は、一つで4000ドルくらいの商品で利益が15万円くらい見込めるものでした。 商品がMYUSに届いて、荷物も貯まっていたので日本に転送をかけようとしたのですが、発送の連絡がきません。 チャットを使ってMYUSに問い合わせをしたのですが、商品をアメリカから出荷するには、「米国法人番号(EIN)」を販売者から教えてもらえないと出荷することができません、と言われました。 その前に同じ商品を仕入れたときは、出品者からEIN番号を教えてもらい、MYUSに連絡をして出荷してもらった経験があったので、「今回も大丈夫だ」と思ってました。 しかし、セラーに教えてと連絡したら、「教えることができない」と言われてしまい、しばらくやり取りをして、しまいにはメッセージを送っても音信不通になってしまいました。 連絡をしても返信がなく、MYUSはセラーにEIN番号がなければセラーに返送するしかないという状況。しかし返送にも応じてくれない。 さらに、私が返送依頼をかけていないのに勝手にセラーに返送をしてしまう始末。 本当に困りました。 どうしたかというと、 ペイパルに連絡をして米国ペイパルよりセラーに状況を連絡してもらう そうした方法を取り、なんとか別の転送会社に送ってもらうことができました。 この時に学んだのは ・2500ドル以上の商品はMYUSに送らない ・ペイパルでクレーム処理を上げる ということです。2500ドルを超えるとEIN番号がないとMYUSは発送をしてくれないからです。なので、はじめから送らない方がいいなと思った次第です。 またクレームを上げるときは、ebayからもあげられ、私はebayから上げてしまいました。ebayからクレーム却下になると、ペイパルでクレームを上げることができなくなり、ペイパルは何もしてくれません。 今回私はペイパルで対応頂いたのですが、正直一生懸命だったのでゴリ押しでお願しまくったためです。 相手も人間なので気持ちが伝わり、対応頂いたということです。ありがたいなーと今でも思ってます。 当然損失は出たわけですが、こうした経験ができたため、今では良かったと思ってます。 その時にお世話になった転送会がこちらです。 日本人スタッフ対応の融通のきくサービスを展開しています。高額商品を扱うときはぜひ使ってみてくださいね。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • ネットショップ初受注したときの喜び
    • 欧米輸入での私の失敗談
    おすすめの記事
    ⊥使える!無料ウェブサービス
    ● テンプレートをすぐに呼び出せるart tips こんにちは。竹内です。物販ビジネスは、いろいろな文章をテンプレート化することができます。...
    著者日記
    こんにちは。竹内です。仕事をタスクや商品情報を整理しようと思って、その作業に追われています。(笑)日中はひたすら作業をして、夜はビールやワイ...
    ⊥卸・メーカー交渉ノウハウ
    こんにちは。竹内です。 メーカー開拓をして仕入れコストを下げることは輸入ビジネスで稼ぐためには必要なことです。輸入ビジネスをしているなら、だ...
    ⊥アマゾンFBA
    こんにちは。竹内です。アマゾンへ納品手続きをされているとわかるかもしれませんが、納品先が地方になる商品も出てきました。 経緯として、納品先が...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます