● 卸交渉するための大切な考え方

 

こんにちは。竹内です。海外メーカーや卸業者から安く仕入れるためのノウハウは、ある程度調べたら、情報が出てきます。

 

本当に便利で稼ぎやすい時代だと思います。

 

商品が製造されて、私たちのところへ届くまでの流れをおさらいしますね。

 

1:メーカー
2:代理店(卸業者)
3:小売店
4:消費者

 

Amazon.comから仕入れる=小売店から仕入れるので、1もしくは2から仕入れる必要があるわけです。

 

メーカー交渉をするとき、

 

メーカーと契約できないだろうな

 

と最初から諦めて、代理店やebayやネットショップから仕入れることをしてると思います。心理的な要素があるので、その気持ちもわかります。

 

だけど、安く仕入れたいと思うならば、メーカーから交渉していくのが手っ取り早いです。

 

メーカーは商品を作っているところなので、取引できれば安く仕入れることができます。それ以上の安いところはありませんからね。

 

卸業者に最初にメールを送っていたなら、メーカーからメールを送るようにするといいですよー

 

メーカー交渉のノウハウは、こちらで学んでくださいね。


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    • ミスから優良な直接購入セラーへと変わった事例
    • メーカーの気持ちを考えたことありますか?
    • メーカー取引きしている人の勘違い
    • メーカー取引をするには?
    • 実業の知識を入れて仕入れを安くするアイデア
    • 見つからないメーカーサイトを見つける方法
    おすすめの記事
    ⊥国内配送業者
    ● 個人で契約できる配送会社はどこだ? こんにちは。竹内です。配送業者と契約できるのは法人だけだと思っている方もいると思います。 業者によっ...
    ⊥MY US.comなどの転送会社
    ● 欧米から直送の準備ができそうです   こんにちは。竹内です。仕事環境を少し変えて快適になりました。しばらく仕事に没頭したいと思います。 ...
    国内転売
    ● 非常に悪い評価をもらった場合の対処法 こんにちは。竹内です。ヤフオクで出品してると、非常に悪い評価をもらうこともあります。この時、もらっ...
    著者日記
    ● 打ち合わせしてきました   こんにちは。竹内です。今日はインフォトップの方と輸出入のことで情報交換してきました。   年明けおもしろいこ...
    欧米輸入ノウハウ
    ● 中国商品を同じ商品か見極めるポイント こんにちは。竹内です。中国商品をリサーチしてると、同じ商品かわからないときがあります。 その時は、...
    ⊥会社員を辞めるまでのストーリー
    ● 会社員時代の話し こんにちは。竹内です。今は、独立をして稼いで生活をしていますが、大学を卒業してから3年間は、会社員をしていました。 大...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます