● 外注化の失敗事例

こんにちは。竹内です。外注の失敗事例についてです。

国内転売をしていたころ、外注をスタート当初から雇ってました。そこでの失敗事例を書いてみます。

まず、外注を雇うメリットは、利益に直結する作業に集中できることです。国内転売なら、仕入れですね。

その他、出品写真の撮影、発送などすべて外注しました。

よーーし稼ぐぞ!と思って意気込んでやっていたんですが、利益が出ていたにも限らず外注費がかさんで利益がなくなってしまいました。

外注を雇って作業が極端に減りますが、コストがかかることをしっかりと認識してから雇うことをお勧めします。

特別作業できる範囲であれば、自分でやってしまうのも一つの手段だと思います。急いで外注化することなんて、全くないですよー

今日のメルマガは、すごくいい記事だったので、私が勝手に紹介しまくってます。(笑)

 


  • ブログに公開出来ない内容をメルマガ読者限定でお伝えしています!登録はこちら!
  • 人気ブログランキングへ
  • 物販ビジネスのご質問はこちらから!

  • こちらの記事も良く読まれています

    外注ノウハウの関連記事
    • 外注さんにはどのような指示をだして商品ページを作成してもらいますか?
    • 外注するときの募集文は何を書いたらわからないという方へ
    • パートナーの存在が売上を左右する
    • パートナーと良好な関係にするには?
    • 現地パートナーを見つけるメリット
    • 2月から外注化します
    おすすめの記事
    配送業者
    こんにちは。竹内です。海外から荷物が日本に入ってくると通関業務があります。通関許可にならないと日本では販売することはできません。 通関許可を...
    ⊥独占販売関係
    ● 販売する媒体によって売れる要素は違う   こんにちは。竹内です。今日は中国輸入のセミナーへ参加してきました。   少人数でしたのでかなり...
    プロフィール

    Amazon輸入ビジネス起業:竹内

    Copyright(C)2016 Takeuchi Takuya
    無断で転載、引用を禁じます